Myselfダイエット

糖質オフで肉食中心!卵・チーズと少しの米を食べて健康に

糖質の怖さは太るだけじゃない!肌糖化や便秘の原因に

      2018/03/14

砂糖 糖質 糖化

こんにちは、カヲルです。

 

甘いものや炭水化物(糖質)の摂り過ぎは、ただ太るだけじゃないっ!

実は、美容も損なう恐ろしい原因にもなり得るのです。

今日はその恐ろしさについて紹介します。

スポンサーリンク

糖質が便秘の原因に

糖質を分解するには、ビタミンB1というビタミンが必要となりますが、腸が蠕動(ぜんどう)運動をする時にもビタミンB1が必要になります。

だから、甘いものを食べ過ぎて糖質を分解するためにビタミンB1が必要以上に消費されてしまうと、蠕動運動に必要なビタミンB1が足りなくなってしまいます。

 

するとどうなるのか――――――――

 

まず便が硬くなってしまうので、便秘になってしまいます。

便秘になると毒素が体中を巡り、肌荒れやニキビの原因にもなるのは周知の通りですよね。

 

また、便秘になると、腸内環境が悪化して悪玉菌が増えて太りやすくなるファーミキューテスという腸内細菌が増えてしまいます。

このファーミキューテス菌とは、いわゆる「デブ菌」と呼ばれています。

もう名前を聞いただけで最悪^^;

 

この「デブ菌」を増やさないためにも、糖質の過剰摂取にはくれぐれもご注意を。

ちなみに、この反対の「ヤセ菌」は、

発酵食品や野菜などの酵素を含む食品を意識的に取ることで増やす事が可能だなんて言われていますが、それはまぁ今までの常識ですかね(笑)

こちらの本では、朝に一杯の完全無欠コーヒーこそが、「ヤセ菌」を増やす方法だと紹介しています。

私ももちろんやってますよ!

詳しい方法や、作り方などは、また別の記事でご紹介します。

 

肌糖化が美肌を損なう

エネルギー源として代謝されなかった糖質と、体内のたんぱく質が結合してしまうと、

肌糖化といって体内のコラーゲンを低下させて肌のたるみやといったくすみの原因にもなります。

例えば、パン(糖質)に、牛乳(タンパク質)をたっぷり浸したフレンチトーストをを想像していただくとわかりやすいのですが、

焼くとこんがりきつね色になりますよね。

とても食欲をそそる美味しそうな色なのですが、この反応こそが「メイラード反応」と呼ばれタンパク質と糖分が結びつく事で起こる現象なのです。

つまり、肌糖化とはこの現象が体内で起こるという事。

原因は糖化生成物(AGEs)

糖化する際に生まれる物質というものがあり、それは糖化生成物(AGEs)と呼ばれ、褐色をしていますす。

この糖化生成物(AGEs)は一度出来てしまうと恐ろしいことに、分解されずどんどん体内に蓄積していきます。

 

となると、私達の身体がどうなっていくかもうおわかりですね。

糖化生成物(AGEs)が増えれば増えるほど、パンがこんがり美味しそうにキツネ色になるのと同じように、

お肌も黄色くくすんでしまい、透き通るような白い肌からは遠ざかっていってしまい、全体的に老けた印象になってしまいます。

 

簡単! 糖質を控える方法

糖質を控えろと言われても、パンやスイーツ、そして調味料などの隠れたところにも糖質は潜んでおり、完全除去なんてなかなか出来ません。

ではどうすればいいのか、まとめてみました。

低GI食品を選ぶ

急な血糖値の上昇を防ぐという方法です。

なので、厳密には糖質量の制限というわけではないのですが…

選び方は、白米よりも玄米、食パンよりもライ麦パンといった低GI食品を選ぶように食事を工夫すると、血糖値が緩やかに上昇させるようにコントロールができます。

食べる順を気をつける

食べる順ダイエットなどでも話題になりましたが、食事の際には、野菜や海藻などを先に食べるようにします。

すると、お腹の中に先に野菜や海藻などの食物繊維があることにより、血糖値の急上昇を防ぐことが出来ます。

理想は、野菜→タンパク質→炭水化物 の順番です。

 

ほかの方法としてはmMEC食を実践している方ならとにかく肉と卵、チーズをしっかり良く噛んで食べます。

私はMEC食をしているので、野菜なんて目もくれず、ひたすら肉、卵、チーズでお腹をみたしてしまうので、ご飯をたべる腹の余裕はなくなります。そういう作戦です(笑)

おやつも一工夫

大抵「おやつ」といえば甘いものです、糖質の塊です!!!!

ですが、おやつなど甘いものを食べれないない人生なんてぶっちゃけ楽しくないですよね。

なので全部我慢するのではなく、少しだけ工夫しましょう。

料理を作るのが好きという方ならエリスリトールを使ったお菓子を作ってみるのもいいですが、

そんなに得意じゃない&作る暇なんてないわって方に特に私がオススメしたいのはSOYJOYです。

 

最近は、私にとっておやつといえばそれはもうイコールSOYJOYとなっています。

みなさんも様々なところで見かけたことがあるかな?

SOYJOYは小麦粉でなく大豆粉でできているので、糖質がとても低い低GI食品なのです。

フレーバーによってはドライフルーツを使っているので、糖質が高めなものなどバラツキがあるのですが、

なかでも「ピーナッツ」と「カカオアーモンド」の2つにいては、

しっかり甘く食べごたえもあるのに、1本全部食べても含まれる糖質が10g以下という、

脅威の数値を叩き出しています。

私のつよ~~~~~~~~いミカタです。

 

代謝のよい身体をつくる

あ、そうそう先ほどから糖質を制限することばかりお伝えしていますが、

いくら糖質制限をしていても、糖質はある程度とるようにしてくださいね。

必要最低限はとらないと、代謝が落ちてしまい、ダイエットのマイナスになります。

 

ダイエットにも美容にも、そして生きていくうえでも代謝の良い身体づくりというのは最低限押さえておきたいですね。

そのためには、筋力アップは欠かせません。

筋力アップといってもそんなハードな運動を常にしなくてはいけないということではありません。

日常での定期的なウォーキングなどの運動を行うだけでも、血行が改善されて、脂肪が燃えやすくなります。

また、寝る前のストレッチもオススメなのですが、激しすぎてしまうと逆に興奮して身体が起きてしまうので、

リラックス出来る範囲のストレッチにしてくださいね。

 

そして寝る前おまじない的な(笑)行動も紹介します。

ヒトは夜眠たくなると、自然に体温が1度くらい下がると言われていますが、

寝る直前にものを食べるてしまうと体温が下がらず、内臓も動き出すので、ぐっすり眠れなくなります。

私は現在夜ご飯は基本とっておりませんが、三食きちっととっている方でも、基本的には、寝る3時間前からはなるべく食べないようにすることで、質の良い睡眠を確保してダイエットと美容に欠かせない成長ホルモンの分泌を活発にすることができます。

 

たとえ糖質制限中でも、

寝る一時間前にはコレを少しだけ摂取することをおすすめしています。

寝る前に生はちみつ(+MCTオイル)習慣でキレイに痩せる!
こんにちは、カヲルです。 みなさんはダイエットで辛い食事制限や糖質制限をされていますか? 食べるのが好き、そして甘いもの...

 

美容に気をつけるために沢山いいものを取り入れたいけど、

ダイエットのためには食事制限が必要だし。。。と頭を悩ませる悩みは尽きないですが、

無理な食事制限は禁物です。

バランスの良い食事を取って、(それは私にとってはMEC食のことですが)代謝のよい体質にする事と適度な運動をベースに生活することを忘れずにしましょう。

スポンサーリンク

あなたにオススメの記事はコチラ

コスミックエンザイム 1
コスミックエンザイム効果や飲み方を紹介長期断食体験談-はじめに-

  こんにちはカヲルです。   今回は楽天市場で大変人気のあ ...

2
スーパーフードまとめ-その1-

こんにちは、カヲルです。   スーパーフードって最近よく耳にするように ...

3
寝る前に生はちみつ(+MCTオイル)習慣でキレイに痩せる!

  こんにちは、カヲルです。   みなさんはダイエットで辛い ...

4
あのココナッツオイル以上!?MCTオイルには凄いダイエット効果があるんです

  こんにちはカヲルです。 美容にもダイエットにも注目が集まっているオ ...

 - 糖質制限コラム ,