便秘解消のちょっとしたコツ♪トイレに足置き台常備のススメ

便秘解消のちょっとしたコツ♪トイレに足置き台常備のススメ

 

多くの女性の悩みといえばそう、便秘ですよね。

美容やダイエットに深く関わりのある分野だけに、私も日夜新しく画期的な便秘解消グッツや、

便秘解消法はないものかとチェックしております。

 

そんな私の現在の腸活ベストパートナーは、過去記事でも触れましたが、サ・ガードコーワ。これはいわばお腹環境を整える方面での対策です。

ですが、実際に便を出すために必要なのは、腸内環境の改善だけではダメです。

もう一つ重要なのはそう、出す能力です。

よく腹筋を鍛えろ~なんていいますけど、そう簡単についてくれるなら苦労しません。

 

腹筋を鍛える以上に、この出す能力に大きな味方になってくれる便利グッツが踏み台なんです。

100均などでも手軽に買える、この踏み台を使用した便秘解消のメリットについてご説明します!

Advertisement

出すためには、直腸の角度が重要

スムーズな排便の為には、

踏み台を使用して足を上げた状態で便座に座り、大勢を前かがみにします。

ロダンの「考える人」のポーズです。

 

この体制だと、太ももとお腹の距離が近づきます。

すると、洋式便座に座っているにもかかわらず、さながら和式トイレを使用しているのと同じような体制になることができるのです。

この和式トイレのような体制というのがポイントで、トイツ人博士の研究によると、

洋式の便座に腰掛ける体制は、便が排出されるまで腸繊維に圧力をかけることになり、便秘にもなりやすいとの事。

本来排泄はしゃがんで行うポーズのほうが、腸繊維に負担なくスムーズに排便できるそうです。

 

とはいっても、今更和式に改修なんてできないし、生活面や便利面、衛生面から見て、洋式以外ちょっと考えにくいですよね。

だからこそ、洋式便座に座りながらも和式スタイルが取れる踏み台を活用するのです。

 

どんな踏み台がいいのか

ぶっちゃけなんでもいいと思いますが、

参考までに、実際に使用している踏み台がコレ↓

 

写真を取るためにちょっと前に出しましたが、いつもは便座の横のスペースに格納しています。

 

使用している踏み台の高さは約20センチ

理想は和式トイレつまりはしゃがむようなポーズとの事なので、もっと高さがあってもいいのでしょうが、収納や使いやすさを考えてこれくらいの高さにしました。

 

個人的な感想ですが、踏み台を利用するようになってから確かに排便の際、あまり力まずスムーズに出るようになりました。

 

残念ながら便意そもそもが感じられない時というのは、お腹の中の問題なので踏み台じゃどうこうできませんが、出たけど出足りない気がするとか、便意があるのに上手くだせないとか、いつも、いきみすぎて切れ痔になってしまう方なんかには、特に踏み台を使用することをおすすめします!!!

(↑全部私のことですw)

 

美容やダイエット、そして健康の為には必ず便秘解消が必要不可欠です。

うまく出せないと悩んでいる方がいましたら、踏み台は100均などで安く手に入れられますので、高価な便秘解消グッツを買ってしまう前にぜひとも試してみてくださいね。