停滞期打破!?チートデイをやる前に、必ず読んでもらいたい!

停滞期打破!?チートデイをやる前に、必ず読んでもらいたい!

以前の記事では、停滞期(プラトー)は「プチ断食」によって突破できるということを紹介しました。

停滞期がやってきた!?打破するためには1日~2日のプチ断食を試してみて
皆さん、ダイエットは順調ですか? ダイエットを続けていくと必ずやってくる停滞期。別名プラトー。 こいつに何回も何回も悩まされて...

 

さて、今回の記事のテーマはその真逆といっても良い

食べることによって停滞期を乗り越える方法「チートデイ」のご紹介です。

 

Advertisement

チートデイとは

減量中であっても、週の1日だけは、ダイエットの事なんか忘れて、何でも、好きに食べていい日を設ける。

・・・といった感じで沢山のメディアで既に取り上げられているので、皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。

好き勝手食べる

無論、間違えではないのですが、チートデイに対してやたらと「簡単」「楽にできる!」といったような謳い文句がついてしまっているせいで、

何も知識もない人が、安易にチートデイを行い、結果失敗する人が絶えないという印象があります。

 

まず基本的なことですが、何故、減量中にも関わらず「好きに食べていい日」を作って良いのか。

それは私達の身体に備わった本能を反則(チート)によって騙すためです。

 

減量を頑張れば頑張るほど、食事は自然と質素になっていきますので、私達の身体は今が飢餓状態であると勘違いをおこしその環境に慣れようと最適化します。

つまり、代謝(消費カロリー量)を落とすことによって、少ないエネルギーでも生きていけるような身体に作り変えてしまうのです。

そうなると、今よりもっと食事を減らしていかないと減量できなくなりますよね。

そして終いには1000キロカロリー以下なのに思ったように痩せない…なんて事態に陥ることもあります。

だから、それを事前に阻止するために、1日でもいいのでドカンと食べる事(チートデイ)によって、

 

身体に飢餓状態じゃないよ~ ちゃんと食べ物あるよ~

って、教えてあげることが出来るのです。

 

チートデイとは難しいのだ

ただ好き勝手たべていい日なんでしょ?そんなんカンタンかんた~ん

と感じているがいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

というより、もし沢山食べることが「簡単だ」と思えるのでしたら、もしかしたらアナタはチートデイをする必要のない人だからかもしれないのです。

 

チートデイをやってもいい人

まず、減量中にチートデイをやってもいい人は、1週間のうち、チートデイ以外の6日間を頑張っている人です。

そして、順調に落ちていた体重の落ちがある日を堺に鈍くなってきたと感じている人です。

食事制限を頑張る

徹底的な食事制限を実施した6日間を過ごし、本当に頑張り抜いた人だけがチートデイというご褒美を堪能できるのですが、

もであなたが、この頑張り抜いた人だとして、ついに7日目のチートデイを迎えた時に、どう思うでしょうか。

 

おそらく、食べるのが「怖い」と思うはずなのです。

 

あなたは停滞期真っ只中ですから、どんなに頑張っても、理論上減らないわけはないはずなのに、それでも減らなくなった体重に毎日悩まされている日々を送っている中、そんな時に大量に食べ物を食べるなんて言語道断だとかんじるのではないでしょうか。

今ここで食べてしまったら、せっかくここまで落とした体重が一気に増えて、元の木阿弥になってしまうんじゃないかという恐怖が大きく、

そう簡単には食べ物を沢山食べることができなくなっています。

 

ですが、チートデイを成功させる最大のポイントは、そういった恐怖に打ち勝ち、とにかく食べることです。

ここで容赦してしまうと「もしかして飢餓状態なのかも?」と勘違いした身体の代謝をもとに戻す事はできません。

 

そして、食べたその日や翌日ですが、当然、体重の数値は増えていることでしょう。

 

でも大丈夫!

それは単純に沢山たべた食べ物分の重さや、水分であって、決して脂肪ではありません。

また、普段どおりの6日間の節制生活を開始すれば、きっとまた体重が落ち始めるはずです。

 

そして、ぜひともこのチートデイには、高負荷の筋トレを組み合わせましょう。

オススメは下半身。

スクワットトレーニング

いままでの低カロリーな食事では、イマイチ元気のでなかったトレーニングも、

チートデイによって沢山のエネルギーを摂取したことにより、驚くほど元気よくこなせるはずです。

そうすれば回復もいつもよりも断然スムーズなはずですから、積極的にウエイトトレーニングをしてほしいと思います。

 

好き勝手食べるだけじゃない?その他チートデイの紹介

前述したとおり、チートデイの基本は週に1回、好き勝手食べるというもので、これがチートデイの方法として一番メジャーな方法です。

ですが、食事量を増やして身体を勘違いさせるという理論はそのままに、方法だけ少し変えたチートデイの方法がいくつかあるのでこの機会にご紹介したいと思います。

既存のチートデイだとちょっと自信がないわ~という方は是非参考にしてみてください。

ハイカーボデイ法

週に1度好き勝手に食べてもいいというのが前述のチートデイでしたが、

ハイカーボデイ法でのチートデイには、糖質のみ通常よりも摂取量を増やすもしくは低GI食品を高GIにする

といった具合で、糖質周りの食べ方だけ変える方法です。

どうしても、好き勝手沢山食べる事に抵抗が残る方にオススメです。

ジグザグ法

ジグザグ法では、チートデイよりもう少し沢山食べる日のタイミングを小刻みにして、摂取するエネルギーを変化させる方法です。

例えば3日に1回法では、2日間は低エネルギーで過ごし、3日目にはチートデイとして高エネルギーで過ごし、これを繰り返します。

サイクルダイエットジグザグダイエット

ですが、ここで注意。

ただ短いスパンでやればいいものではありません。そそて週1回のチートデイ法とは違い好き勝手食べてはいけません。

だってそれじゃ、ただ単に食べすぎてしまうだけですよね(笑)

このジクザク法では、普通の週1回のチートよりも厳密に摂取カロリーの管理をする必要があります。

 

例えば、1日1600キロカロリーでの減量プランを考えている人が、3日で1回法に挑戦するとします。

3日分の摂取カロリーのトータルは、単純計算で1600✕3で、4800キロカロリーですね。

ジグザグ法では、この4800キロカロリーの配分を、毎日均等に1600キロカロリーを食べるのではなく、

2日間は少なく、3日目に多くといった具合に変化させ、摂取カロリーの波をつくる食事方法です。

 

注意

どの方法のチートデイを選択するのは自由ですが、

その方法を選んだとしても、チートデイが成功したか、してないかを判断するために、

必ず体重のモニタリングはサボらないようにしましょう。

 

停滞期はだれしもが経験する事

停滞期は辛いですが、でも順調に減量が進んでる証拠です。

断食法でも、このチートデイでもどちらでも好きな方法でかまいません。

辛い停滞期を、少しの工夫で乗り越えていきましょう!

 

停滞期における断食法のススメ記事については↓

停滞期がやってきた!?打破するためには1日~2日のプチ断食を試してみて
皆さん、ダイエットは順調ですか? ダイエットを続けていくと必ずやってくる停滞期。別名プラトー。 こいつに何回も何回も悩まされて...